どちらも大事!ボディ磨き(研磨)とコーティング。技術向上会について - 洗車工房

Ceo Blog

代表ブログ

どちらも大事!ボディ磨き(研磨)とコーティング。技術向上会について

皆様、お元気でしょうか?



コロナ・コロナで大変な毎日ですが、元気にがんばりましょうね!

さて、昨日は当社の 「RevoS Car Coating Japan でカーコーティングの技術向上会を行いました。

全店の店長と「ああでもない、こうでもない」と言いながら、日頃の問題点や改善点を洗い出していきます。

・コーティングについて

私たちが、カーコーティングを行う際に大切にしていること。

それは、ボディ磨き(研磨)も大事。

コーティング、そのものも大事。

ということです。

下地磨き(ボディ研磨)を施してから、その後にカーコーティングをする。

かんたんに言ってしまえば、かんたんですが、実際には難しい技術が必要です。

どんな仕事にも当てはまるでしょうが、良い仕事をするために必要なこと。

それは「しっかりした下地作り」です。

下地がキレイでないと、上面がキレイに仕上がることはありません。

なので、まずはボディ磨き(研磨)を入念に行います。

ここが、プロとしての腕の見せどころであります。



が・・・


押さえておきたいポイントは「磨き過ぎない」ということなのです。

「磨き、磨き」だけでは車に良くありません。

なぜなら、塗装は薄くて有限です。(厚みは0.1mほど)

(0.1ミリほどしかないのですよー)

それゆえ「磨けば良い」というような考え方では、車の塗装にダメージを与えることになる恐れがあります。


まさに、「キレイに磨いたけど、塗装は薄くなってしまった」という本末転倒になってしまいます。


私自身も車が大好きなので、磨きすぎるよりも

「ほどよく磨いて、コーティングでしっかり塗装を守る!」

という方法で愛車を維持していきたいと考えています。




そこで、

オリジナルの塗装の厚みを残しながら、最高のツヤを引き出すボディ磨き(研磨方法)が必要になってくるのです!

マスキングして「磨き方法」の検討を重ねます。

磨き(研磨)方法も常に進化しています。

ずっと同じやり方でなく常に進化・改善していくことが大切ですよね。





下地磨き(ボディ研磨)が終わったら、コーティング。



コーティングについては、




・塗装の保護効果が高い

・汚れにくくなる

・ツヤが増す

・滑らかな手ざわり

・水をはじく



ここに、力を入れて商品開発しています。

「撥水のコーティングだと、水アカ(水シミ)が付きやすくなりませんか?」という質問をよく受けます。



実際には、

「コーティングそのものの組成自体」に

水アカが付きやすいか?

付きにくいのか?

が関わってきます。



「撥水だから水アカが付きやすい」「親水・疎水だから水アカが付きづらい」ということはありません。

当社は、水や汚れを弾きながら、そして「効いている感」を楽しめるコーティングが最善だと思っています。

「磨き」も良い「コーティング」も程よい「ワンシャイン・ポリッシュ」がお買い得


なので、当社のコーティングは基本、しっかりと水や汚れを弾きます。

弾いた方が気持ちいいですもんね。しかも、効いている感も分かりますし。

下写真の「違い」が分かりますでしょうか?


左がコーティングのみ。

右側がボディ磨き(研磨)とコーティングをした部分です。

ななめにピシッと左右で分かれていますよね。




「ボディ磨き」にも「コーティング」にも、どちらにも力を入れて、ほど良く磨き、ビシッと塗装を守る!

しかも、塗装の厚みをしっかりと残しつつ。


これが「プロ」の仕事だと思います。


といっても、コーティング後も「アフター洗車」も大切です。

さらにパワーアップして、車がキレイになると「嬉しい・楽しい・満足!!」をお届けしたいと思います!



という内容の研修会でした(^^)





さて、2月・3月の需要期に向けてスタッフ一同がんばって参ります!

それでは、また更新しますねー