純水セルフ洗車場 ! - 洗車工房

Ceo Blog

代表ブログ

純水セルフ洗車場 !

こんにちは!!
大久保です☺️
今日はあいにくの雨ですね!
雨にも負けず、風にも負けず、雪にも…

って、勝ったり負けたりの基準もないので、「雨でよし、晴れでもよし、雪でもよし」のオール良しでやっていきたいと思います。

さて、先日は洗車工房隼人店に。


自宅兼工房から、隼人店に移転したのは何年前だっただろう?
もう9年ぐらいになるかな?
いろいろなご縁のお陰で隼人店に移転ができて、ホントによかったと思っています。

(以前のブログも見てみてください☺️)
http://sensyakoubou.chesuto.jp/e299373.html


隼人店は、何といっても「純水セルフ洗車場」を完備していること!

(鹿屋店も純水セルフ洗車場を完備しています)

ここで解説しましょう!



Q:「純水」ってなんなの!?

A:はい、純水とは100%ピュアな水のことです。全く混じりっ気のない、純粋な水(H2O)の事を「純水」といいます。
工業用に純水を使うこともありますけれど、何と20lで2000円前後します。
https://item.rakuten.co.jp/akibaoo-r/hm000236774/?gclid=CjwKCAiAvonyBRB7EiwAadauqRN3HUZ4Q0JnG9JoyHQg7Igv8cqfo8RpR7kti8ZtLDaua_RYw-lU0hoCLewQAvD_BwE&scid=af_sp_etc&sc2id=af_113_0_10001868


水道水は、透明でキレイに見えますが実際のところは、カルキやミネラルがたっぷり含まれています。
地域によってカルキやミネラルの量が違うのも豆知識です。
水に汚れ(ミネラル、カルキ等)が含まれている濃度の基準でっp pmという数値があるのですが、

霧島(隼人店)が平均で50ppm。
姶良店が210ppm
鹿屋店が120ppm

それぞれの地域で、それぞれに含有料が違います。
なので、地域によって『水アカが付きやすい、付きにくい』というのも差があるのですね。
(もちろんppmの数値が高い方が、水アカが付きやすくなります)

洗車工房全店では、そのミネラル等を「純水装置」で完全に取り除いてから

・洗い前の汚れ(灰)流し
・洗車
・コーティング前の下地造り

この全ての「水」を使う作業に高価な「純水」を使用しているのです。




そして!
さらーに!!
この贅沢な水、純水を「セルフの洗車場」に完備している洗車場は日本を探しても、ほとんど無いでしょう!

カーコーティングは大事ですが、それ以上に大切なのが「日ごろのメンテナンス」。

「コーティングした後も、ピュアな純水で愛車のお手入れをしていただきたい❗️」
そんな思いから、純水セルフ洗車場を作りました。何事もメンテナンス、掃除、アフターが大事なのですね。
洗車工房は、カーコーティングも力をいれていますが、それだけでなく、『その後』も大切にしています。
(ここだけの話ですが、純水で愛車を洗い出したら、水道水に戻ることができなくなります☺️)

また、
洗車に使う、道具の貸し出しも無料です。
・シャンプー
・掃除機
・クロス
・スポンジ
これらは無料なので、手ぶらでも純水でお手軽にキレイにできるんですよ☺️


ぜひ、ぜひご利用くださいね。
価格等につきましては、各店にお問い合わせくださいませ。


さて、本日も各店たくさんの施術をいただいています。
真心を込めて、感謝の気持ちを込めて、そして職人魂を込めてスタッフ一同、車のキレイ道に精進します!


最後は、ハッピーくんの幸せな寝顔をご覧ください。
それでは、また更新します☺️